[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で運休していたJR日南線の観光列車「海幸山幸」(2両編成)が20日、約2カ月ぶりに運行を再開した。移動自粛要請が全面的に解除されて初めての週末。親子連れらを乗せた列車が宮崎駅を出発し、JR職員たちが手旗を振って見送った。

 「一番乗りです」。乗務員にうれしそうに話すえびの市の会社員桂康成さん(49)は約6年前から毎月乗車する常連だ。「この列車から眺める日南海岸の景色は格別なんです」

 海幸山幸は土日祝日を中心に、宮崎―南郷間を1日1往復する観光特急。新型コロナの影響で4月25日から運休していた。普段は9割超を誇る乗客率も3、4月は2~4割に落ち込んだという。田原裕文・宮崎駅長は「9割台まで回復させるようサービスの改善も検討します」と話した。

 宮崎―南郷で乗車する場合の指定席料金は片道2360円(税込み)。切符は駅構内の「みどりの窓口」などで購入できる。(高橋健人)