[PR]

 21日は1年で最も日が長い夏至。この日に食べる「夏至カレー」を広めようと、10年以上発信し続けている京都の女性がいる。近年のスパイスカレーブームにも乗って、関西を中心に広まってきている。

 ツイッターなどで発信しているのは京都市伏見区のフォトグラファー、中田絢子さん(38)。「堅苦しい定義はないんです。夏至の日にカレーを食べる、それだけ」と朗らかに言う。

 家カレーでも、専門店でも、カレー味のお菓子でもいい。一人でも、集まってでもいい。太陽に感謝し、1年の前半を振り返り、後半の英気を養う。「梅雨で祝日もない6月に季節を楽しむ行事」という。

 きっかけは就職1年目。土日も…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら