[PR]

 イタリアの高等衛生研究所(ISS)は18日、新型コロナウイルスが昨年12月の時点で同国北部に存在していたとする調査結果を発表した。

 ISSによると、国内各地の下水を採取したサンプルを調べたところ、北部のミラノとトリノで昨年12月18日に採取されたものから、新型コロナウイルスの遺伝物質が検出された。北部ボローニャで今年1月29日に採取されたものからも見つかったという。一方、昨年10~11月に採取されたサンプルからは検出されなかった。

 イタリアでは2月下旬にミラノ近郊の町で集団感染が発覚し、その後北部を中心に感染が急拡大した。その約2カ月前から、ウイルスが同国内に潜伏していたことになる。

 新型コロナウイルスをめぐって…

この記事は有料会員記事です。残り358文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り358文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り358文字有料会員になると続きをお読みいただけます。