[PR]

 トランプ米大統領は20日夜、11月の米大統領選に向けた大規模な集会を米オクラホマ州タルサで開催した。新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、地元保健当局などが延期を呼びかけたが、強行した。

 トランプ氏が大規模集会を開くのは、米国内の感染深刻化を受けて停止した3月以来、約3カ月ぶり。トランプ氏は演説で、「私は何十万人もの人々の命を救った」と実績を誇り、「子どもたちは我々より(免疫力が)強い。学校を再開しよう」などと訴えた。一方、米国内で確認された感染者が増えることを防ごうと、「検査のペースを遅らせるよう、頼んだ」とも述べた。

 選挙集会はコロナ禍のさなかに行われることから大きな批判を浴びてきた。米国ではオクラホマ州を含め、南部を中心に新規感染者が増加傾向にある。このため、地元保健当局者は集会を「延期して欲しい」と話し、地元紙のタルサ・ワールドも社説で「悪い時期だ」と再考を促していた。

 会場の外で集会に参加するため並んでいたトランプ支持者のほとんどはマスクを着用せず、他人との距離も保っていなかった。会場の入り口ではスタッフがマスクを配布していたが、会場内でもトランプ氏を含め、ほとんどの人が着用していなかった。一方、会場は空席が目立ち、2階部分はほとんど人がいなかった。

 開会直前、トランプ陣営は6人のスタッフが新型コロナの検査で陽性反応が出たと発表。陣営は「ただちに隔離した」と強調した。(タルサ=園田耕司)