[PR]

(21日、巨人7-1阪神)

 阪神にとって、巨人との開幕3連戦で全敗は長い歴史上初めてだ。開幕カード3連敗自体も20年ぶり。矢野監督は3試合を振り返り「2点、1点、1点か。やっぱり点を取るしかない」と淡々と語った。計4得点。敗因は貧打だった。

 この日は早くも打順を大幅に書き換えた。2試合で無安打だったボーアを4番から6番に、近本を2番から1番に。近本は一回、いきなり右翼席中段へソロを放った。だが結局、得点シーンはここだけだった。

 1番から3番に回った糸井が3…

この記事は有料会員記事です。残り292文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り292文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り292文字有料会員になると続きをお読みいただけます。