【動画】「刃物のまち」岐阜県関市で、新型コロナウイルスの終息と地域経済の復興を祈願した日本刀鍛錬が行われた=山野拓郎撮影
[PR]

 「刃物のまち」として知られる岐阜県関市で20日、新型コロナウイルスの終息と地域経済の復興を祈願した日本刀鍛錬が行われた。

 刃物屋三秀関刃物ミュージアムの鍛錬場で僧侶が疫病退散の読経をしたあと、刀匠の25代藤原兼房さんらが燃えさかる炎で熱しながら、火花を散らして日本刀鍛錬を行った。藤原さんは「炎で清めてコロナをなくしてしまおうという思いを込めた」と話した。(山野拓郎)