[PR]

 太平洋戦争末期の沖縄戦の犠牲者を悼む6月23日の「慰霊の日」。例年、各地から沖縄に出向く遺族も多い。今年は新型コロナウイルス感染を警戒して控える人も。沖縄に行けないもどかしさを抱えながら、戦後75年の慰霊の日を迎える。(高木智子

 「今年は母のためにも沖縄に行きたかったが、行けない」。京都市の小沢高子さん(83)は残念がる。

 沖縄戦をともに生き延びた母親が昨秋亡くなった。だから今年は母親をふくめ、沖縄戦の犠牲者を現地で悼みたかった。

 だが新型コロナに見舞われ、遠出はためらわれた。

 沖縄戦の時は8歳。母親らとと…

この記事は有料会員記事です。残り1321文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1321文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1321文字有料会員になると続きをお読みいただけます。