[PR]

 都道府県をまたぐ移動の自粛要請が全面解除されてはじめての週末を迎えた21日、県内の観光施設は大勢の家族連れやカップルが訪れ、久しぶりのにぎわいをみせた。

 掛川市南西郷の掛川花鳥園の駐車場には千葉や横浜、名古屋など県内外ナンバーの車が200台ほど並んだ。

 同園は4月16日から休業し、5月30日に営業を再開した。感染症対策として入場前の検温や手指の消毒、温室の換気などを実施している。20日には約1100人、21日には約1500人が訪れ、前週と比べ2割ほど増えた。

 来場者の約半数が県外からで、担当者は「例年と比べるとまだ7割ほどだが、それでもだいぶ人が戻ってきた印象」と話す。愛知県岡崎市の鈴木豪斗(たけと)君(9)は両親と弟たち家族5人で来園。久しぶりの旅行に「遠くに遊びに出かけられてうれしい」と笑顔を見せた。(広瀬萌恵)