[PR]

 中国湖北省武漢市にある湖北大学は20日、同大の梁艶萍教授(59)が「共産党の政治規律に違反し、社会に悪影響を与えた」として、党籍剝奪(はくだつ)と学生への指導資格取り消しの処分を決め、発表した。梁教授は以前にSNSで、香港での抗議デモに理解を示したり、新型コロナウイルスの感染拡大で都市封鎖となった武漢市の日常をつづった「武漢日記」の作家・方方さんを支持したりする投稿をしていた。

 梁教授の投稿内容はネット上で批判され、大学内の共産党委員会が4月下旬から調査に乗り出していた。大学側は処分理由について「SNS上で香港問題などに関して誤った言論を流した」などとしている。

 方方さんをめぐっては、「武漢…

この記事は有料会員記事です。残り344文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り344文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り344文字有料会員になると続きをお読みいただけます。