[PR]

 相模湾に面する屋外プール施設「大磯ロングビーチ」(神奈川県大磯町)は18日、今季の営業を7月23日~9月13日の53日間で行うと発表した。新型コロナウイルスの感染防止策を図り、対象はプリンスホテル宿泊者と限定販売のシーズンパスポート購入者に限るという。

 発表によると、対象者は大磯、鎌倉、箱根仙石原の3プリンスホテルの宿泊客と、西武グループ会員組織「SEIBU PRINCE CLUB」のプラチナ、ゴールドの会員でシーズンパスポート(300枚限定)の購入者。一般客の受け入れはしない。「3密を避ける」として、ウォータースライダーやレジの待機列、パラソルやサンベッドの間隔も1メートル以上を確保する。イベントもしない。

 ロングビーチによると、例年の営業期間は7月上旬~9月中旬の約70日間。利用者は約20万人だったが、今年は4分の1ほどの4万7千人を見込む。(斎藤茂洋)