[PR]

 北朝鮮の朝鮮中央通信は22日、韓国を批判するビラが1200万枚印刷され、韓国側への散布の準備が「終わりつつある」と報じた。韓国の脱北者団体が金正恩(キムジョンウン)体制の批判ビラを散布してきた「報復」で、近く実施すると予告した。

 同通信は、正恩氏への冒瀆(ぼうとく)に対する報復として、「歴代最大規模の敵へのビラ散布闘争の準備が終わりつつある」と報道。平壌の出版印刷機関などで印刷した1200万枚に加え、地方の印刷工場でも数百万枚を追加印刷する準備を急いでいると伝えた。

 約3千個の風船や散布機材を使い、ビラを韓国側に飛ばす「報復の時期は近づいている」と予告。「ビラと汚物を収拾するのは頭の痛いこと」であり、韓国側が「経験すべきだ」と主張した。

 韓国の脱北者団体も、朝鮮戦争の開戦から70年を迎える25日前後に、北朝鮮批判のビラ100万枚を風船で散布する計画を発表している。韓国の軍や警察は不測の事態に備えて警戒を続けている。(ソウル=鈴木拓也)