[PR]

医の手帳・熱中症と新型コロナ

 熱中症は、気温や湿度が高い、日差しが強い、風通しが悪いなどの環境のもとで、体温の調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がたまって起こるさまざまな症状の総称です。梅雨が明け、急に暑くなり始める6月下旬から7月上旬にかけて、患者さんが増えます。

 熱中症になると、軽症の場合は目まいや立ちくらみ、筋肉痛(こむら返りや足がつるなど)、大量の発汗などがありますが、体温は正常です。中等症では頭痛や吐き気、嘔吐(おうと)、だるさ、疲れなどの症状が表れ、体温は38度から39度ほどに上昇します。

 重症になると、意識障害やけいれん、運動障害などが起こります。異常な発汗や、時には汗が止まってしまうこともあり、体温は異常に高くなります。

 軽症・中等症の場合は涼しい場所に移動し、衣類をゆるめ、安静にして、風を当てたり、皮膚に水をかけたり、首やわきの下、太ももの付け根などを冷やしたりするなどの応急処置が必要です。同時に水分補給もしましょう。体が水分を受け付けない場合や応急処置をしても症状が改善しない時は病院を受診しましょう。

 重症の場合は、すぐに救急車を呼んでください。救急車が到着するまでの間も応急処置が必要です。水分を取れないときは無理に摂取することを避けてください。

 熱中症は屋外の方が起こりやすいと思われていますが、室内も風通しなどが悪いところでは暑くなりがちで、気づかないうちに熱中症になることがあります。部屋の温度をこまめにチェックし、室温が28度を超えないようエアコンや扇風機をうまく使いましょう。屋外で活動するときは、無理をせず、適度に休憩を取りましょう。また、普段からこまめな水分補給を意識し、十分な休養を取ることが大切です。

 乳幼児は身長が低く、地面からの照り返しを受けやすいため、大人よりも気をつけてください。子どもを車内で待たせておくことは、車内温度が急に上がることがあるので短時間でも危険です。絶対にやめてください。高齢の方は熱に対する体の反応が弱いので室温には特に気をつけ、のどが渇いていなくても意識的に水分補給をしましょう。

 新型コロナウイルス感染症対策のため「新しい生活様式」が定着しつつありますが、その際の熱中症対策をお話しします。

 屋内で過ごすことが多くなり、暑さに慣れる機会が減っています。無理のない範囲で屋外で散歩や運動をしたり、室内でも体操などをしたりして、少しずつ体を暑さに慣らすようにしましょう。屋内で過ごす時は室内の換気をし、こまめにエアコンなどで温度を調節するなど室温管理に気をつけてください。

 マスクをしていると、呼吸がしづらいなど体に負担がかかります。屋外で他の人との距離が取れるときは適度にマスクを外し、適宜休憩をとりましょう。のどの渇きを感じにくくなるのも要注意です。のどが渇いていなくても、こまめに水分や塩分を取るよう意識しましょう。(佐久医療センター 岡田邦彦・救命救急センター長)