疑惑の案里氏から届いたメール 記者は1人で追いかけた

[PR]

 買収容疑で18日に逮捕された河井案里参院議員から昨年7月16日、メールで近況を尋ねると、携帯電話にこんな返信が届いた。

 「もう、死にそうだよ!」

 参院選の投開票は同月21日。当時、東京で外務省取材を担当していた私は、「さぞ疲れているんだろう」くらいにしか思わなかった。

 2008年から広島総局で2年間勤務し、県政を取材していたとき、当時県議だった案里氏に何度も取材したことがある。歯に衣(きぬ)着せぬ物言いで県政を批判することもあった案里氏は、マスコミを敬遠する県議も少なくない中で、時に裏話を耳打ちしてくれた。まだ駆け出しだった記者にとって、ありがたい取材相手だった。

 「私ね、県議を辞めたら靴下…

この記事は有料記事です。残り1035文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!