[PR]

【朝日新聞ポッドキャスト】新型コロナとの戦い 世界の現場から@サンパウロ②

【朝日新聞ポッドキャスト】新型コロナとの戦い 世界の現場から@サンパウロ②

 新型コロナウイルスの感染が拡大を続けるブラジルは、ボルソナーロ大統領の過激な言動も注目を集めています。感染者数の急増とどう関係しているのか、サンパウロ支局の岡田玄記者に聞きました。

ポッドキャストでは
ボルソナーロ大統領の暴走を許さない、ブラジルの底力を岡田玄記者が現地からリポートします。

Q ボルソナーロ大統領の言動が物議を醸していますね。

拡大する写真・図版ブラジルの大統領就任式で、天をさして「なによりもブラジル、なによりも神様」とスローガンを叫び、演説を終えるボルソナーロ氏=2019年1月1日午後、ブラジリア、岡田玄撮影

A 私からすると、平常運転という感じではあります。2018年の大統領選のときは、SNSで過激な発言を繰り返したので、ブラジルのトランプ、「トロピカル・トランプ」と呼ばれました。極右の元軍人で泡沫(ほうまつ)候補だったのが、左派政権の汚職を徹底的に責め立てて大統領にまで上り詰めました。元来、口は良くありません。

 コロナは「ちょっとした風邪」、感染拡大は「ファンタジーだ」、「メディアのいつものやり方だ」。事態を軽視し、科学的知見を無視する発言を繰り返しています。死者が3万人を超えても、「人はいずれ死ぬ。宿命だ」と言い放ちました。

Q 州知事との対立を記事に書いていましたね。

A 各地で州知事が商業施設の営業停止を命じ、事実上の外出自粛を要請しました。ところが、ボルソナーロ氏は無視するよう市民に求めました。

拡大する写真・図版「ボルソナーロは人殺し」と書かれた落書き。新型コロナウイルスの感染拡大後、ボルソナーロ大統領を批判する落書きが増えた=2020年5月13日午後5時、サンパウロ、岡田玄撮影

 中でもサンパウロは南米最大の都市で、経済の中心地です。経済団体とのビデオ会議でもサンパウロ州知事を名指しで非難。「州知事たちと真剣に戦わねばならない。これは戦争だ」と言って、経営者たちに営業再開を迫りました。

 知事がボルソナーロ氏に近い南…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら