拡大する写真・図版海霧に覆われた幣舞橋を往来する車はライトを点灯していた=2020年5月25日、北海道釧路市

[PR]

 北海道・釧路の夏は「じり」とともにやって来る。肌にねばりつくような海霧を、釧路っ子たちはそう呼びならわしてきた。太平洋高気圧の南風が道東沖の寒流で冷やされ、濃い霧となって上陸する。そのじりが、年々減ってきているという。

じっとりと肌をぬらす霧 釧路では夏の季語

 「海霧(じり)の笛茫々と釧路はじまる」。釧路市在住の俳人石川青狼(せいろう)さん(69)の句集「幻日」に収載されている作品だ。霧深い街に響く霧笛で、釧路の遅い夏の訪れを詠んだという。

拡大する写真・図版「海霧の笛茫々と…」の句を手にする石川青狼さん=6月4日午前11時42分、北海道釧路市

 じりは6月ごろから8月にかけ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら