山菜採り遭難にご注意 命守る「三種の神器」がオススメ

有料記事

川村さくら
[PR]

 北海道はいま、山菜採りのシーズンだ。北海道でタケノコと言えば細長いネマガリダケ。煮ても焼いてもおいしく、多くの人が山に分け入る。ところが夢中になるあまり、遭難する人も相次いでいる。命を守るため、北海道警は「三種の神器」を活用するよう呼びかけている。果たして三つの道具とは。

第一の神器 600メートル離れても聞こえる笛

 「ピー」という音が山中に響いた。これが一つ目の道具、ホイッスルだ。600メートルほど離れていても音が聞こえてきた。

 札幌市南区定山渓の中山峠で…

この記事は有料記事です。残り791文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!