拡大する写真・図版神奈川県庁=横浜市中区

[PR]

 神奈川県庁で使われていた大量の個人情報を含むハードディスク(HDD)が外部に流出した事件で、HDDの処分を請け負った会社の元社員(51)が6月9日、窃盗罪で懲役2年執行猶予5年(求刑懲役2年)の有罪判決を受けた。

 「売れるのにもったいない」。そんな出来心による犯行は、HDDなどの記憶媒体を処分する際の落とし穴の存在を世にさらし、大きな衝撃を与えた。この問題を発覚当初から報じてきた記者が、取材現場で見て、感じたこととは――。

県の内部文書「本物だ」

 昨年11月25日夜。神奈川県庁の取材を担当する私の元に、一通のメールが届いた。

 個人情報を含む県庁の内部データが不正流出している。ファイル数は5千万、容量にして20テラバイト以上――。短いメールに、そんなことが書かれていた。末尾には携帯電話の番号も記されていた。

 正直に言えば、メールを読んだ直後はピンと来なかった。5千万ファイル、20テラバイトという数字の大きさに、実感が伴わなかったのだ。

 仕事で送信するメールの容量は、写真などを添付しても数メガバイトがせいぜい。一方、20テラバイトは2千万メガバイトに当たる。そんな膨大な量のデータが県庁から外部に流出したら、とても隠し切れるものではない。だが、一切聞いたことがなかった。

 記者歴20年余の経験と常識が邪魔をして、連絡するかどうか一瞬迷った。だが「もし本当だったら……」。興味がまさった。

 相手に電話をかけると、ボソボソとした語り口の男性(以下、A氏)が出た。詳しい話を聞いてから判断しようと考え、翌日に会う約束をした。

 11月26日、A氏はHDD1個とパソコンを持って現れた。パソコンが立ち上がるのを待っていると、A氏が30枚もの紙の束を差し出してきた。HDDに入っていたデータの一部を印刷したものだという。

 それを見た瞬間、言葉を失った…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら