[PR]

 沖縄県石垣市議会が尖閣諸島の字名変更についての議案を可決したことについて、中国外務省の趙立堅副報道局長は22日の定例会見で「中国の領土や主権への重大な挑発行為だ。断固反対する」と述べ、外交ルートを通じ日本に抗議したことを明らかにした。

 尖閣諸島周辺では中国海警局が活動を活発化させ、接続水域での連続航行日数は過去最長を更新し続けている。趙氏は「(中国は)さらに一歩進んだ措置を行う権利を留保する」とも語り、日本側の対応によってはさらに強い対応をとる可能性を示唆した。

 尖閣諸島の領有権を主張している台湾の外交部(外務省)も22日、「(台湾が)主権を有している事実は疑いがない」との声明を出し、日本側に抗議をしたと明らかにした。声明は「我々は主権問題を平和・理性的に処理する方式を守る」とも述べ、日本に冷静な対応を呼びかけている。(北京、台北)