[PR]

 地域によって差はあるが、中学、高校では運動系の部活動が徐々に再開している。コロナ禍にあって、スポーツ用品にウイルスが付着しているかどうかは気になるところだ。しかし、アルコールなどでの消毒は品質劣化につながりかねないと、メーカーが注意を呼びかけている。

 ミズノ(大阪市)は野球用具に関する公式ツイッターで19日、こうつぶやいた。

 「ご注意ください!! 弊社製の野球用具へのアルコール系、塩素系消毒液での消毒はされないようお願いします。樹脂材料に対して強度低下、白化、劣化等影響が出る可能性があります。洗浄等をされる場合は、中性洗剤を薄めて行うようお願いします」

 同社ブランドマーケティング部の堀井洋輔さんによると、今後様々なスポーツが始まっていくことを見越してのツイートだった。「何でもかんでも消毒というなかで、アルコール系、塩素系の消毒液を使うと劣化や強度低下のおそれがある製品があるので、お伝えさせてもらいました」

 主に対象となるのは、硬式野球ボールやグラブといった革製品、樹脂を材料にしたヘルメットや捕手用の防具、カーボンを素材にした軟式野球用のバットなどだ。また、バットやテニスのラケット、ゴルフのクラブなどに巻くグリップテープへの消毒液の使用も、品質低下につながる場合があるので、やめてほしいという。

 バスケットボールやバレーボー…

この記事は有料会員記事です。残り473文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り473文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り473文字有料会員になると続きをお読みいただけます。