[PR]

 参院議員の河井案里容疑者(46)=自民党を離党=が初当選した昨年7月の参院選をめぐり、公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕された夫で前法相の衆院議員、克行容疑者(57)=同=が、東京地検特捜部の調べに対し、地元議員らに現金を渡したことを一部認める供述をしていることが関係者の話で分かった。ただ、票の取りまとめを依頼する趣旨はなかったとして、買収容疑を否認しているという。

 一方、参院選前に党本部から案里議員側に支給された1億5千万円については「渡した現金の原資ではない」と逮捕前、周囲に説明していたことも判明した。特捜部は買収資金と1億5千万円との関係を慎重に調べている。

 調べでは、克行議員は昨年3月下旬~8月上旬、案里議員を当選させるために地元議員や後援会・陣営関係者ら94人に約2570万円を供与した疑い。案里議員も克行議員と共謀し、このうち5人に170万円を渡した疑いで逮捕された。94人のうち地元議員は四十数人だという。

 関係者によると、克行議員は調べに対し、「地元議員らに現金を渡したことはあるが、買収目的ではなかった」などと供述。「案里議員との共謀もなく、不正なことは一切していない」と供述しているという。

 昨年の参院選広島選挙区では、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら