[PR]

 環境保護を背景に、肉や卵といった動物性食材を使わない「ビーガン」のランチを手がける大阪府池田市のNPO法人が今年、地球温暖化防止の取り組みを競う全国規模のコンテストで環境大臣賞に選ばれた。新型コロナウイルスの影響などで一時休止を余儀なくされたが、今月から飲食店の求めに応じて出張する形で活動を再開した。

 池田市井口堂3丁目のカフェ「Marc de Iguchido」に19日、「3Rキッチン Vegan(ビーガン)」のボードが立った。

 シェフとして腕を振るうのは佐々木康之さん(42)。NPO法人いけだエコスタッフの職員だ。

 新型コロナの影響で厨房(ちゅ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら