拡大する写真・図版コロナの時代 薄氷の防疫

[PR]

 私たちは果たして新型コロナウイルスの感染対策に成功したのか。もっと早く拡大を抑え込み、「自粛」に伴う経済的打撃を減らすことはできなかったのか。日本モデルを誇る前に、感染者が急増していた時期に起きたことを3回にわたり検証する。それが「次の波」に備える力になる。「薄氷の防疫」シリーズ最終回。

【動画】私たちは感染対策に成功したのか。もっと早く拡大を抑え込むことはできなかったのか。「オーバーシュート一歩手前」だったという感染急増期に起きたことを検証する。

「37・5度以上の発熱が4日以上」 検査受けられぬ人続出

拡大する写真・図版PCR検査センターの内部。テント内で医師が検体を採取する一連の流れを説明する千代田保健所の山崎崇・地域保健課長=東京都千代田区

 オフィスビルが並ぶ一角にあるドーム形のテント。東京都千代田区が設けたPCR検査センターでは、医師が必要と判断すれば保健所を介さずに検体を採取する。「本人確認から採取まで早ければ2、3分です」と区保健所の山崎崇・地域保健課長。検体を民間検査機関に送ると2~3日後に結果が分かる。4月24日にできて以来、約150人が検査を受けた。

 感染疑いの人が急増していた4月上旬の状況はまったく違った。

 40度近い熱と激しいせきに襲われた区内の一人暮らしの男性(29)は、保健所の相談センターの番号に、スマホから3時間かけ続けたがつながらなかった。「行き場がない気分だった」。オンラインで受診した医師が連絡し、ようやく保健所と連絡が取れたのは発熱から6日目。熱は下がりつつあり、結局検査は受けなかった。

 当時、区保健所には毎日200件超の電話がかかっていた。うち相談センターは当初3回線で3、4人の保健師が対応したのを5回線に、感染症対策の保健師も最大8人に増やした。それでも都内の検査能力が限られていることもあり、1日約10件を区内の病院の帰国者・接触者外来に回すのが限度だった。保健師は検体をどの病院で採取するかや患者の入院先の調整、入院時の付き添い、濃厚接触者の調査、検体の搬送などに、深夜まで追われていた。

拡大する写真・図版千代田区役所には市民からの電話相談を受ける専用の部屋がある=東京都千代田区

 こうした状況は都市を中心に全国で起きた。厚生労働省は受診を望む人のうち、約1割しか接触者外来につながらなかったと推計している。

 「日本は検査件数が少なく、検…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら