[PR]

 世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は22日の記者会見で、前日にWHOへ報告された新型コロナウイルスの新たな感染者が1日当たりで過去最多の18万3千人超に上ったと述べた。いったん封じ込めに成功した国で社会・経済活動の再開に伴って感染の増加が見られるとも指摘した。米ジョンズ・ホプキンス大学の集計で世界の感染者は累計900万人を超えた。

 テドロス氏は現状について「全ての国が、社会・経済への被害を最小限に抑えつつ、人々を守るという微妙なバランスに直面している」と説明。感染対策と社会・経済活動は「どちらかの選択でなく、両方をできる」と述べ、工夫して両立するよう呼びかけた。

 WHOの緊急対応責任者マイク・ライアン氏は、韓国で小集団の感染が相次いだが、感染経路の追跡が進んだことを例に挙げて「感染を非常に低い水準まで抑えたとしても、手厚い追跡態勢を敷かねばならない」と述べた。(ウィーン=吉武祐)