[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が23日、東京都渋谷区の将棋会館で第61期王位戦(新聞三社連合主催)の挑戦者決定戦に臨んでいる。相手は永瀬拓矢二冠(27)。勝てば、進行中の第91期棋聖戦に続き、2度目のタイトル挑戦が決まる。

 対局は午前10時に開始。先手の藤井七段はお茶を一口飲んだ後、初手▲2六歩を指した。

 王位戦は紅白2組の挑戦者決定リーグが今月13日まで行われ、白組の藤井七段は羽生善治九段(49)らを破って優勝、紅組の永瀬二冠は豊島将之名人・竜王(30)らを破って優勝した。両者は、4日の棋聖戦・挑戦者決定戦に続いて大一番で顔を合わせることになった。勝者は木村一基王位(47)への挑戦権を獲得する。木村王位は昨年、史上最年長で初タイトルを獲得し、話題になった。

 藤井七段は8日、棋聖戦第1局で渡辺明棋聖(36)=棋王、王将とあわせ三冠=に勝利。8日時点で17歳10カ月20日で、屋敷伸之九段(48)が1989年に作ったタイトル挑戦の最年少記録を4日更新した。王位戦でも挑戦者になれば、二つのタイトル戦を並行して戦うことになる。(村瀬信也