[PR]

 東京都新宿区西落合2丁目の路上でトラブルになり、急発進した車につかまっていた男性(48)が電柱に衝突して重体となった事件で、警視庁は23日、車を運転していた近所の自称自営業豊田宏容疑者(62)を殺人未遂の疑いで逮捕し、発表した。豊田容疑者は容疑を否認しているという。男性はその後死亡し、同庁は殺人容疑に切り替えて詳しい経緯を調べている。

 捜査1課によると、逮捕容疑は22日午後3時25分ごろ、現場近くに住む会社員重田東海(あずみ)さんが助手席の外側につかまっているのを認識しながら車を急発進させ、電柱に衝突させて頭の骨折などの重傷を負わせ、殺害しようとしたというもの。重田さんは病院に搬送されたが、同11時5分ごろ、死亡が確認された。

 豊田容疑者が近くのスーパーで買い物をするため、重田さん宅前の路上に駐車したことから口論になっていた。事件後、豊田容疑者はそのまま現場から走り去ったが、自宅で身柄を確保された。調べに対し、「けがをさせたり引きずったりした覚えはない」と供述しているという。