拡大する写真・図版支援センターの開所式には、在東京ブラジル総領事館からジョアン・デ・メンドンサ・リマ・ネト総領事も駆けつけ、謝辞を述べた。この日は、日系人や日本人の支援者ら約80人が集まった=20日、群馬県大泉町

[PR]

 新型コロナウイルスの影響で真っ先に「派遣切り」などに遭い、寝食に困る外国ルーツの人を支えるため、日系ブラジル人らが自助的な支援センターを立ち上げました。長年、支援に携わる人も「コミュニティーの中から、ここまで本格的なものが生まれたのは、あまり前例がない」といいます。どんな取り組みなのでしょうか。

 近くに自動車工場などがあり、人口の約2割を外国人が占める群馬県大泉町。東武小泉線・西小泉駅から徒歩5分のところに、かつて関東北部の日系ブラジル人コミュニティーの中心地だった2階建ての建物「ワールドプラザ(ブラジリアンプラザ)」がある。

 昔はスーパーやレストラン、アパレルなどのショッピングセンターが入っていたが、2008年のリーマン・ショック後はテナントが減り、以前のようなにぎわいはなくなった。今は1階に日本定住資料館や大泉町観光協会、ネイルサロンなど一部のテナントが入っているだけだ。

拡大する写真・図版ワールドプラザ(ブラジリアンプラザ)には、新たに「リスタートコミュニティー」と書かれた看板も掲げられた=20日、群馬県大泉町

空きスペースを「リスタート」の拠点に

 そんなプラザの2階の約400…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら