[PR]

 22日に大阪府庁であった新型コロナウイルスの専門家会議で「一般の診療所でおそらく3人のドクターがコロナで亡くなった」とした府医師会の茂松茂人会長の発言に関連して、吉村洋文知事は23日、府内の死者86人について改めて調査したことを明らかにした。その上で「1人は医者、もう1人も医者の可能性がある。3人の医者がコロナの治療をして、お亡くなりになられたという情報はつかめていない」と述べた。

 茂松会長の発言があった22日の段階で、5月20日に70代の医療従事者の男性が亡くなっていることを府は把握。今回の調査によって、新たに職業不明の死者が医師の可能性があることを確認したという。府によると、感染者の職業は申告に基づく。