[PR]

 昨年7月の参院選をめぐり、票のとりまとめを依頼する趣旨で現金を地元議員らに渡したとして、前法相で衆院議員の河井克行容疑者(57)と妻で参院議員の案里容疑者(46)が公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕された事件で、元広島県議会議長の奥原信也県議(77)が夫妻から現金計200万円を受領していたことがわかった。奥原議員が報道陣に認めた。取材で判明している受領額としては、最高額となる。

 奥原議員は24日、報道陣に対し、検察当局から複数回事情聴取を受けたことを認めた上で、受領額のうち150万円について政治団体間の寄付として処理し、政治資金収支報告書を修正した旨を説明した。一方で案里議員が初当選した昨年の参院選については「事務所にも行っていない」と述べ、票のとりまとめを依頼されたことはないとしている。朝日新聞の取材には、「克行議員が勝手に現金を持ってきた」と説明。さらに克行議員からの150万円に加え、案里議員から50万円を受け取っていたことも認めた。

 奥原議員は呉市選出で、1975年の県議選で初当選。89~91年に県議会議長、2002~10年に自民党広島県連幹事長を務めた。昨年4月の県議選で、現職の県議で最多の12期目の当選を果たした。県議会では最大会派の自民議連に所属している。

 東京地検特捜部によると、克行議員は昨年3~8月、地元議員ら94人に約2570万円を供与した疑い。案里議員も克行議員と共謀し、うち5人に170万円を渡した疑いがある。関係者によると、夫妻は容疑を否認している。(松島研人)