拡大する写真・図版新型コロナの終息を願い、「丹後大仏」周辺の雑草などを取り除く住民ら=5月29日、京都府伊根町、大久保直樹撮影

[PR]

 23日に「慰霊の日」を迎えた沖縄では今年、新型コロナウイルスの影響で追悼式の縮小を余儀なくされた。その過程では式が抱えるジレンマがあらわになった。戦後75年の今、追悼式を行う意義とは。

 ほほえんでいるようにも悲しんでいるようにも見える石仏が、日本海に面する京都・丹後半島の山中にある。地元伊根町の住民から「丹後大仏」と親しまれる高さ2メートルほどの座像だ。

 100年前、地元の製糸工場の従業員らが東京見物でスペイン風邪を持ち帰り、住民を含む42人が亡くなった。工場長が青銅の仏像を建て、慰霊したのが始まりだ。今は2代目。

 当時を直接知る人はいなくなっ…

この記事は有料会員記事です。残り1903文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1903文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1903文字有料会員になると続きをお読みいただけます。