[PR]

 安倍晋三首相は24日昼、公明党の山口那津男代表と首相官邸で会談し、衆院解散・総選挙の時期についても意見を交わした。首相は改めて「頭の片隅にもない」と説明。山口氏は「新型コロナウイルス対応を優先すべきだ」として、早期解散に慎重な考えを伝えたという。

 会談は約1時間行われ、終了後、山口氏が記者団に説明した。解散をめぐり、山口氏は「私たちの考え方は伝えた」と強調。前日の会見では「いま政治で優先すべきことは、新型コロナの次の波を招かないようにすることだ」と述べており、首相との会談で「政府・与党で、コロナ対応と経済の回復の取り組みにしっかり力を入れていこう、との点では認識が一致した」と語った。

 早期解散の可能性に言及する自民党幹部が相次ぐ一方で、公明党では、新型コロナの影響で支持母体・創価学会の活動が低調となっていることから、「いま解散されると厳しい」(党幹部)との声が強まっている。(大久保貴裕)