[PR]

 新型コロナウイルスの検査を受けさせていないのに、全従業員が陰性だと偽って店を宣伝したとして、大阪府警は24日、同府枚方市の店舗型性風俗店「星の王子様」の経営者、熊井康文容疑者(63)と、従業員の浜田淳二容疑者(45)を不正競争防止法違反(誤認惹起〈じゃっき〉)の疑いで逮捕し、発表した。府警によると、新型コロナ関連の虚偽広告で性風俗店を摘発したのは全国初という。

 生活安全特別捜査隊によると、逮捕容疑は5月6日、店のホームページに「ウイルス検査の結果、全従業員に陰性診断がおり安全が確認された」と虚偽の広告を載せたというもの。府警が従業員に確認したところ、検査を受けたと認めた従業員は1人もいなかったという。2人は容疑を認め、浜田容疑者は「従業員の生活がかかっていた。客集めのためにやった」と供述している。

 大阪府の休業要請を受け、店は4月15日から1カ月間休業。5月16日に再開すると、この日だけで約60人が来店したとみられる。府警に対し、「広告を見て安心して来た」と答えた客もいたという。