[PR]

 JR西日本が今年の株主総会で、乗客ら107人が死亡した2005年のJR宝塚線(福知山線)脱線事故後に毎年続けてきた黙禱(もくとう)の時間を設けなかったことがわかった。同社広報部は取材に「株主に協力をお願いすることは控えた」と説明している。

 株主総会は23日、大阪市内であった。長谷川一明社長にとって、19年12月の就任後、初めての総会。新型コロナウイルスの影響で規模を縮小し、出席した株主は165人で、質問数を1人1問に限った。過去最短の57分で終了した。

 冒頭、長谷川社長は事故を起こしたことを謝罪し、被害者への真摯(しんし)な対応や安全性の向上などを約束。例年ならこの後に設けられる黙禱の時間がなかった。

 広報部によると、役員ら26人…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら