[PR]

 毎冬、子育てのために南下して奄美大島周辺の海域を回遊し、見物客を楽しませているザトウクジラ。その確認数が今季、調査が本格化した2014年以降で最多だったことが、奄美クジラ・イルカ協会(興克樹会長)の調べで分かった。母子を含む群れも多いことから、興会長は「奄美海域は子育てに適していると考えられる」としている。

 同協会は、環境省の鯨類調査の一環として調査を続けている。そのまとめによると、今季(昨年12月~今年3月末)は578群971頭が確認され、これまでで最も多かった昨季の447群733頭を上回った。定量的な調査ではないため、単純比較はできないが「増加傾向と考えられる」と同協会は分析している。

 今季の島周辺での初確認は昨年12月で、今年の2月下旬に最も多くの頭数が確認された。1、2月は南下する群れが、3月に入ると北上する群れが多かった。

 確認した計578群のうち、母…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら