和歌山)高齢者見守るQRコード配布 新宮など6市町村

有料記事

直井政夫
[PR]

 和歌山県新宮市など6市町村は、認知症などで行方不明になるおそれがある高齢者の連絡先を読み取れるQRコードのシールを無料で配布する。お年寄りを素早く捜し出し、安全を確保するねらい。

 6市町村は、新宮市、那智勝浦、太地、串本、古座川の各町と北山村で、同じQRコードを活用する。コードには、新宮署など最寄りの警察署や地域包括支援センターの電話番号が記録されている。コードの横には家族らが記入した、お年寄りの登録番号が併記される。

 家族らはお年寄りの服や靴、帽子、杖など普段から身につけるものにシールを貼る。お年寄りを見つけた人は、スマートフォンなどでコードを読み取り、警察署などへ電話をして登録番号を告げると、お年寄りの身元が分かる仕組み。

 6市町村は、希望するお年寄…

この記事は有料記事です。残り56文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。