[PR]

 元鋳物工場の「大泉工場」(埼玉県川口市領家5丁目)にカフェが27日、オープンする。鋳物工場が次々と取り壊されてタワーマンションになる中、同社は不動産管理業を柱にしながら、工場などの建物や敷地を生かして食品部門へ進出している。

 24日にお披露目されたカフェは「1110CAFE/BAKERY」。乳製品や動物性食品は使わず、オーガニック食品を中心に据えているのが特徴だ。卵や牛乳などを使うフレンチトーストも植物由来のものを使って工夫し、変わらぬ味付けにしている。

 同社は2008年に鋳物工場を閉じて数年前から食品市場にも進出。かつて「紅茶キノコ」と呼ばれ、健康食品として欧米で復活したコンブチャの製造に取り組み始めた。

 旧工場の敷地は約1ヘクタール…

この記事は有料会員記事です。残り218文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り218文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り218文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース