[PR]

 兵庫県宝塚市の住宅で家族ら4人がボーガン(洋弓銃)で襲われ死傷した事件で、県警は母親ら3人を殺害したとして、野津英滉(のづひであき)容疑者(23)=伯母への殺人未遂容疑で逮捕=を25日にも殺人容疑で再逮捕する方針を固めた。ボーガンはインターネットで購入されたもので、野津容疑者は「早朝に祖母と弟を襲い、弟は数時間後も生きていたので、もう1本撃った」と供述していることも捜査関係者への取材でわかった。

 事件は6月4日午前、宝塚市安倉西2丁目の住宅内で発生。野津容疑者の祖母の好美(よしみ)さん(75)、母のマユミさん(47)、弟の英志(ひでゆき)さん(22)が死亡。伯母の百合江(ゆりえ)さん(49)は逃げ出したが重傷を負い、野津容疑者は自宅近くにいたところを現行犯逮捕された。

 捜査関係者によると、野津容疑者は「祖母、弟、伯母、母の順で撃った」「家族全員殺すつもりだった」と供述。自宅にいた祖母と弟に矢を放った後、別居している伯母と母が自宅に来た直後にそれぞれ襲ったとみられる。4人とも頭部付近を狙われ、計5本の矢が使われた。弟の頭には2本の矢が刺さり、うち1本は頭から抜けて落ちていた。

 再逮捕容疑は、同日午前、祖母、母、弟にボーガンの矢を撃って殺害したというもの。野津容疑者の自宅からは、十数本の矢が押収されている。

 事件を受け、兵庫県は青少年愛護条例で18歳未満へのボーガンの販売を禁止した。さらに、新たな条例で年齢に関わらず幅広くボーガンを規制することも検討している。