[PR]

 陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉県木更津市)に陸自オスプレイ17機を暫定配備する計画で、現在、米軍岩国基地(山口県)に保管中の2機の点検整備が24日から始まった。防衛省北関東防衛局から木更津市に報告があった。米側による作業で、試験飛行を実施した後、早ければ1機目は7月7日か8日にも木更津駐屯地に飛来するとみられる。

 防衛省によると、最初に配備される2機は5月8日に米国本土から海上輸送で岩国基地に到着。米側による点検整備や試験飛行などが新型コロナウイルスの影響で遅れていた。基地内での作業は約2週間で完了し、その後、1機ずつ木更津駐屯地に飛来する。

 市と防衛省は暫定配備期間5年以内を目標とすることで合意しており、1機目の木更津駐屯地到着日が配備期間の起算日になる。(吉江宣幸)

関連ニュース