[PR]

 子どもの習い事として人気がある水泳教室。中にはぜんそくなどのアレルギー症状の改善を願って子どもを通わせる保護者もいる。しかし、そうした効果は見込めないようだ。調査研究に取り組んだ専門家は「アレルギー症状の予防や治療効果を期待して水泳を勧めるべきではない」と呼びかける。

 国立成育医療研究センターの大矢幸弘・アレルギーセンター長らのグループは、2003年11月~05年12月に同センターで生まれた約1100人について、3歳の時点で水泳教室に通っているかや、喘鳴(ぜんめい)や鼻炎の症状があるかを調べ、5歳になるまで経過を観察した。喘鳴はぜんそくの主な症状。気道が狭くなることで呼吸時に「ゼーゼー」「ヒューヒュー」といった音がする。

 約1100人のうち3歳の時点で水泳教室に通っていたのは126人(11%)で、969人(88%)は通っていなかった。3歳までに265人(24%)が喘鳴、299人(27%)が鼻炎を経験。5歳の時点で過去1年間に喘鳴があったのは180人(16%)、鼻炎があったのは387人(35%)だった。

 3歳の時に喘鳴の症状のある子…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら