拡大する写真・図版2018年4月27日、南北の軍事境界線がある板門店の韓国側施設で、南北首脳で合意した「板門店宣言」に署名する金正恩朝鮮労働党委員長と手伝う妹の金与正氏=韓国共同写真記者団撮影

[PR]

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の実妹、金与正(キムヨジョン)・党第1副部長に日米韓の各国が注目している。北朝鮮が爆破した南北共同連絡事務所の「破壊」を予告するなど、急速に存在感を高めているためだ。正恩氏の後継に向けた動きではなく、兄を支えて金一族支配の体制を固めるため、自らの権威も高める必要があるとの判断が働いているようだ。

 「嫌悪感」「責任回避の弁明」「鉄面皮でずうずうしい」「親米の卑屈で屈従的な相手」。与正氏が17日に発表した談話で、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領を批判した言葉だ。

拡大する写真・図版2018年2月、平昌五輪で南北合同チームの選手たちに拍手を送る金与正氏(右)、韓国の文在寅大統領(左)ら=韓国・江陵の関東ホッケーセンター、北村玲奈撮影

 与正氏は2018年2月、平昌冬季五輪の開会式に出席するため韓国の地を踏み、文氏と会談。「早い時期に面会する用意がある」との正恩氏の考えを伝えた。「白頭(ペクトゥ)血統」と呼ばれる最高指導者の直系では初の訪韓で「平和の使い」のようなイメージが広がり、「ほほ笑み」外交とも呼ばれた。その豹変(ひょうへん)ぶりに韓国社会も驚いている。

 北朝鮮の内情に詳しい関係者に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら