[PR]

 中国自然資源省は23日、尖閣諸島(中国名・釣魚島)周辺海域を含む東シナ海の海底地形の名称を公表した。尖閣諸島をめぐっては沖縄県石垣市議会が字名を変更する議案を可決したばかり。領有権を主張する中国の対抗措置の可能性がある。

 同省が公開したのは計50カ所の海底地形の名称とそれぞれの経度や緯度。「釣魚海底峡谷群」「釣魚水道」など中国が尖閣諸島の呼称としている「釣魚島」に関わる地名も5カ所含む。

 尖閣諸島を巡っては、石垣市議会が22日、字名を「登野城」から「登野城尖閣」に変更する議案を可決。中国外務省報道官は「中国の領土や主権への重大な挑発行為だ」と反発していた。(北京=高田正幸)