[PR]

 全英女王がまさかのペナルティー――。女子ゴルフの国内ツアー開幕戦アース・モンダミン杯は25日、第1ラウンドがあり、全英オープン優勝の渋野日向子が、うっかりミスで2罰打となった。

 5番パー4(328ヤード)のグリーン上、他の選手のライン上にマークがかかったため、ルールにのっとってマークをパターヘッド分だけずらした。直後に雨が強まり、水がたまったグリーンにスタッフがローラーがけ。プレーを再開しようとした際、「すっかり忘れていた」と、マークを元の位置に戻し忘れたままパットを打ってしまった。

 ゴルフ規則「誤所からのプレー」に抵触するとして、2罰打が付加され、まさかのダブルボギー。終盤三つのバーディーを奪ったが、パープレーでこの日のプレーを終えた。

 試合後、渋野は「本当に情けないです」「もうほんっと恥ずかしい」と吹っ切るように笑った。