【動画】東京大会への意気込みなどを語るパラ陸上男子100㍍のジョニー・ピーコック(英)=榊原一生撮影
[PR]

 新型コロナウイルス感染拡大で1年延期が決まった東京パラリンピック。世界最高峰の障害者スポーツ大会を見据える人たちが、思いを語ります。

《パラトーク》 陸上短距離 ジョニー・ピーコック(英)

 ただ、ただ不安が募るばかりでした。

 イギリスでは新型コロナウイルスの感染拡大で、外出自粛の生活を余儀なくされました。当初は練習にどのような影響を及ぼし、東京パラリンピック開催の可否も分からない状況だったので、先を見通すことができませんでした。

拡大する写真・図版東京パラリンピック陸上男子100メートル(義足)で3連覇がかかるジョニー・ピーコック

 だから、延期が決まった時、気持ちはすごく楽になったんです。まずはいったん落ち着いて、感染対策に集中しようと。個人的にも昨秋にひざを故障し、本番に向けてリハビリに励んでいたところでした。1年の延期をプラスにとらえています。

 東京は男子100メートルの3…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら