[PR]

 南シナ海の領有権をめぐり、中国への対決姿勢を鮮明にしてきたベトナムに加え、インドネシアなども強硬な態度を示し始めている。実効支配の強化に突き進む中国への反発を背景に、国連を舞台にした応酬が続く。26日に開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳会議でも、南シナ海問題が議論される見通しだ。

 「9段線の主張は国際法の根拠を明らかに欠いている」「中国と交渉する理由はない」。インドネシア政府は5月26日付と今月12日付の2度にわたって国連に文書を出し、南シナ海の領有権をめぐる中国側の主張に反論した。中国は南シナ海のほぼ全域を囲む「9段線」を独自に設定し、歴史的に自国の権利が及ぶと主張。常設仲裁裁判所が2016年7月に「法的根拠がない」と判断したが、受け入れを拒んで実効支配を着々と進めている。

 インドネシアの排他的経済水域(EEZ)内のナトゥナ諸島周辺の海域は「9段線」と一部が重なる。多数の中国漁船が海警局の船を伴って操業し、インドネシアが抗議してもやまない。ルトノ外相は国連への文書提出について「我々の一貫した立場を改めて伝えた」と述べた。

 対中国の動きの先陣を切ったの…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら