[PR]

 2013年の生活保護費の引き下げをめぐり、基準の決定手続きに問題があったなどとして愛知県内の受給者18人が減額決定の取り消しなどを求めた訴訟の判決が25日、名古屋地裁であった。角谷昌毅裁判長は「厚労相の判断の過程に過誤、欠落があったとは言えず、違法性はない」とし、原告側の請求を棄却した。