米下院小委、国防総省に報告要求 辺野古の軟弱地盤対策

有料記事沖縄はいま

[PR]

 米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画で、埋め立て予定海域で見つかっている軟弱地盤について、沖縄県玉城デニー知事は25日「米議会でも懸念が広がっている」と語った。米下院軍事委員会の即応力小委員会が、軟弱地盤などに関する報告書を出すよう、国防総省に求めたためだ。

 小委員会は2021会計年度の国防権限法案の修正案を23日に可決し、法案に付随する報告に盛り込んだ。報告は、大浦湾の軟弱地盤などに懸念が出ていると指摘。地盤対策や地震の恐れ、追加の環境計画などについて、12月1日までに議会に報告書を提出するよう国防長官に求めた。

 今後は、下院軍事委が修正案…

この記事は有料記事です。残り138文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
沖縄はいま

沖縄はいま

続く本土との溝、揺れる米軍基地問題。沖縄でいま、何が起きているのか。[記事一覧へ]