[PR]

 過払い金返還請求のCMで知られる弁護士法人「東京ミネルヴァ法律事務所」(東京都港区)について、東京地裁が24日、破産手続きを開始すると決めた。負債総額は約50億円にのぼるとみられる。所属する第一東京弁護士会に依頼者から「連絡がつかない」と苦情が相次ぎ、同会が会費の未納を直接の理由として破産開始を申し立てていた。

 同会によると、苦情が今月に入り増えたため、同会が代表弁護士から事情を聴き、業務を止めたことを確認。調査の結果、回収した過払い金の保管状況に不透明な点があったため、依頼者の財産を流出させないために法人の債権者として破産を申し立てたという。

 同法人は2012年4月に設立され、過払い金返還やB型肝炎給付金の請求などを手がけてきた。テレビCMを展開しながら急速に規模を拡大していたが、東京商工リサーチによると、今月10日に全社員の同意で解散していた。

 第一東京弁護士会の寺前隆会長は「多数の依頼者から事件を受任したまま業務を止めた。許される行為ではなく厳粛に受け止めている。速やかに事案を解明し、懲戒をはじめとする厳正な対応を行う」と談話を発表した。同会は依頼者の問い合わせ用に臨時の電話窓口(03・3595・8508、平日午前10時~午後4時)を設けている。(阿部峻介)