[PR]

 居酒屋「塚田農場」を展開するエー・ピーカンパニーの米山久社長が朝日新聞の取材に答え、店の業態転換を進めて「10年で居酒屋を卒業する」と述べた。新型コロナウイルスの影響で居酒屋離れが加速すると見込み、6月には東京・渋谷に新ブランドとなる地鶏料理の専門店を相次いで出した。主なやり取りは次の通り。

飲み放題はいらない

 ――塚田農場を専門店につくりかえていますね。

 「塚田農場は100店舗を超えたところで、『安く飲めるチェーン店』と思われてしまいました。そして客層が本当のターゲットである大人の消費者からずれてしまいました。それを戻していきます」

 「これからは宴会はなくなり、飲み放題はいらなくなる。『一気に酔えればいい』より、『ちゃんとしたお酒をたしなむ』といった、味わう方向へいくと思います。我々も居酒屋から卒業していかないといけません」

 ――まず渋谷に地鶏の専門店を集中出店しました。

 「今まで、渋谷には塚田農場が5店舗ありましたが、お客さまは月1回、ひとつの店へ行くだけでした。これが新しい『地どり屋つかだ』『焼鳥つかだ』『つかだ食堂』があると、月2、3回の来店動機をつくれます。一人のお客さまに複数のブランドを楽しんでもらうのが新戦略の『ファンマーケティング構想』です。渋谷のモデルを東京・池袋や横浜などに増やしていきたい」

 「今後は塚田農場を年5~10…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら