[PR]

 「(受領の際に)『秘密』と言われた」「地検から『言うな』と言われて」。昨年7月の参院選をめぐり、前法相の衆院議員、河井克行容疑者(57)と妻で参院議員の案里容疑者(46)が公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕された事件で、夫妻逮捕から1週間となった25日、現金を受け取ったとされる広島県内の地元議員らが、次々と口を開き始めた。

 石橋竜史・広島市議(48)は25日、同市役所で会見し、昨年5月に30万円を受領したと明かした。その際に克行議員は「2人だけの秘密」と発言したという。過去にも克行議員から「(収支報告書に)記載する義務はないから」と、10万円をカバンにねじ込まれたこともあったと述べ、「(克行議員に)コントロールされていく、手足を縛られていくような感覚があった」とふり返った。

河井氏側から現金を受け取った地元議員たちの「告白」はさらに続く。

 支援者や家族のことに話が及ぶ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら