[PR]

 「『レジ袋は結構です』を当たり前に」。環境省は25日、そんなキャンペーン「レジ袋チャレンジ」を始めた。7月1日からのレジ袋の有料義務化を機に、マイバッグを使う人を増やし、海洋汚染などを引き起こすプラスチックごみの削減を狙う。

拡大する写真・図版自作のイラスト入りのマイバッグを紹介するアンバサダーのさかなクン=2020年6月25日午後1時16分、東京都内、水戸部六美撮影

 環境省が3月に行ったウェブのアンケートでは「直近1週間でレジ袋をもらわなかった人」の割合が3割だった。キャンペーンで、特設サイト(http://plastics-smart.env.go.jp/rejibukuro-challenge/別ウインドウで開きます)でマイバッグ定着に向けて一人ひとりができる挑戦を呼びかけ、レジ袋をもらわない人の割合を半年間で6割にすることをめざす。

 この日、キャンペーンをPRするイベントがあり、東京海洋大名誉博士のさかなクンや持続可能な開発目標(SDGs(エスディージーズ))の普及啓発にとり組むタレントの西川きよしさん、モデルのトラウデン直美さんが「環境省プラごみゼロアンバサダー」に任命された。

 一般的なプラスチックは分解されにくく、ごみとして海に流れ込むと、生き物の体に絡まるなどして、生態系を脅かす。2050年には海のプラごみが魚の重量を上回る、との試算もある。よく海に潜るというさかなクンは「レジ袋をはじめ、さまざまなプラスチックごみがただよっている。自分の目で見て、肌で感じないと何を守っていかなければいけないのかがわかりにくい。ぜひ目を向けて、マイバッグを持つという行動につなげて、継続して」と呼びかけた。(水戸部六美)

拡大する写真・図版自分自身のキャンペーン中のチャレンジを尋ねられ「お出かけのときは必ずマイバッグと」と答えるアンバサダーのさかなクン=2020年6月25日午後1時44分、東京都内、水戸部六美撮影