[PR]

 MS&ADインシュアランスグループホールディングスは、飲食店やホテルなどの施設を対象に、新型コロナウイルスの感染者が出た際の休業被害について補償する保険を新たに出す方針だ。こうした経済的損失への損害保険は少なく、補償ニーズが強まっていた。

 グループ傘下の三井住友海上火災保険は施設の休業を補償する商品をすでに出しているが、新型コロナ感染による休業は原則として対象外。感染者が出た施設へ一律20万円を払う特別な対応も4月に打ち出したが、被害の出た店の十分な支えとはならないのが実情だ。

 そこで、新たに出す保険は新型コロナ感染を対象とするように約款に記し、休業日数に応じて補償する方向だ。発売時期や詳細な商品設計を現在詰めている。

 三井住友海上は新型コロナの感…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら